Since 2017 
Test DesignerTest Designer
Webでかんたんテスト作成。採点・集計も即完了。
※ 旧名称「Test Designer」

Tesign 利用規約

 この利用規約はお客様(以下「甲」という)と株式会社ザ・ネット(以下「乙」という)の「【Tesign】」(以下「本サービス」という)を申込み・利用するにあたり、使用権について定めた条項です。本サービスをご利用いただく場合には、以下の全ての項目(以下「本規約」という)に同意いただいたものとみなされます。

第1条 本サービスの内容

1.本サービスは、甲に所属する者および甲があらかじめ利用を認めた者(以下「利用者」という)がオンライン上でテストの作成、実施および集計を行うことを支援するサービスとする。

2.本サービスは、本規約第4条の利用申込手続きの過程で乙が甲に指定したURL情報等に基づき、利用者及びテストを受ける者(以下「受験者」という)の端末から、インターネットを経由して乙のコンピュータシステムに接続する形態にて提供される。

3.乙は、本サービスの利用により利用者及び受験者が乙のコンピュータシステムに記録したデータ(以下「利用者データ」という)の保存(バックアップ)を1日1回行う。利用者及び受験者が利用者データを更新した場合、乙は、それ以後は上書き保存によるバックアップを行い、更新前データの保存の責を負わない。

4.本サービスおよびハードウェア障害等により利用者データに異常が発生した場合、バックアップデータより復元を行う。バックアップデータの保存時刻から障害発生時までのデータは復元できないものとする。乙は、保存時刻から障害発生時までのデータの復元の責を負わない。



第2条 利用の許諾

 乙は、甲に対し、本規約に定められた条件に従うことを条件に、本サービスを利用する限定的且つ非独占的権利を許諾する。この権利は第三者に譲渡できないものとする。

第3条 利用の制限

1. 甲は、乙による事前の承認なく、著作権法その他法令で定められた乙の権利を侵害しないものとする。また、本サービスに係るシステムの逆アセンブル、リバースエンジニアリング、ソースコードの解析その他これらに類似する行為を行わないものとする。

2.甲は、利用者及び受験者に対し、利用者又は受験者一人当たり1つのIDを付与することができる。この場合、甲は、同一人には同一のIDを利用させるものとし、複数人が同一のIDを利用することはできないものとする。甲は、IDの管理責任を負うものとし、利用者及び受験者以外の第三者にIDを貸与、賃貸、譲渡、売買、質入等をしてはならない。IDの管理不十分、第三者の使用等により、甲に発生した損害について、乙は一切の責任を負わないものとする。

3. 甲は、本サービス利用に際して、利用者をして、法律・規則等に違反する行為、第三者を誹謗中傷する行為、第三者の権利を侵害する行為、公序良俗に反する行為を行わせないものとする。

4. 甲が前各項に違反した場合、もしくは本規約にもとづく本サービス利用契約を継続しがたい重大な事由が発生した場合、乙は甲に提供する本サービスを何らの通告なしに停止できるものとする。


第4条 利用の申し込み及び変更

1.甲は、本規約を承諾の上、乙が指定する手続きに従い本サービスの利用を申し込むものとし、乙がこれを承諾した時に、甲と乙との間で本サービスの利用契約(以下「利用契約」という)が成立する。

2.甲は、利用契約の内容(利用開始日等)を変更することはできない。


第5条 利用料金

1.本サービスの利用料金(以下「利用料金」という)は、別途、料金表に定めるとおりとする。

2.甲は、本サービスを利用するにあたり、所定の利用料金の他に、本サービスの利用に必要となる甲のインターネット環境の利用にかかわる費用及び設置費用を負担する。


第6条 契約の解除

 甲が本規約に規定した条項の一つにでも違反し、その催告にもかかわらず30日以内に違反が是正されない場合、乙は利用契約を解除できる。


第7条 免責

1.本サービスの利用は、甲が自己の責任において行い、また、利用の結果は甲が自己の責任において使用するものとし、当該利用もしくは結果の使用により生じた損害(データ滅失、システムダウン、業務停滞等を含むがこれに限られない)、紛争(第三者との間のものを含む)等については、乙は責任を負わない。

2.甲は、乙の指定した条件外における利用において情報の漏洩その他のトラブルが発生した場合には、乙はその責任を負わない。

3.乙の合理的支配を超えたシステムダウン、通信上のトラブルまたは停電、天災、地震、戦争等の影響によるトラブルによって、甲及びその利用者が本サービスを利用できなかった場合、乙は本契約の不履行の責任を負わない。

4.本契約または本サービスに関して乙が何らかの賠償責任を負う場合であっても、その賠償額は、本契約に関連して甲が直近1年間に乙に支払った金額を上限金額とする。

5.乙は本サービスが甲の要求を満足させるものであること、本サービスに瑕疵が存在しないこと、本サービスに存していた瑕疵が修正されること、のいずれも保証しないものとする。

6.乙は本サービスの内容等について甲の事前の許可なく変更し、又は本サービスの提供を中止する場合がある。本契約締結時における本サービスと同等のサービス内容を永続的に保証するものではない。


第8条 サービスの休止等

1.乙は、次の各号のいずれかに該当する場合には、甲への事前の通知又は承諾を要することなく、本サービスの提供を中断することができるものとする。

(1)本サービス用設備等の故障により保守を行う場合

(2)本サービスにかかるサービスの変更

(3)運用上又は技術上の理由でやむを得ない場合

(4)その他天災地変等不可抗力により本サービスを提供できない場合

2.乙は、本サービス用設備等の定期点検を行うため、甲に事前に通知の上、本サービスの提供を一時的に中断できるものとする。

3.乙は、前各項に定める事由のいずれかにより本サービスを提供できなかったことに関して甲又はその他の第三者が損害を被った場合であっても、一切責任を負わないものとし、甲は利用期間の延長、利用料金の変更を含むあらゆる請求を行わないものとする。


第9条 知的所有権等

 本サービスに係るシステムに関する知的所有権その他一切の権利は乙に帰属する。

第10条 守秘義務等

1.甲および乙は、本契約に関連して知り得た一切の秘密情報を、本サービスを利用する以外のいかなる目的のために使用し、または第三者に開示してはならない。ただし、既に公知の情報、取得後相手方の責めに帰すべき事由によらず公知となった情報、既に相手方が有していた情報、もしくは相手方が独自に開発しまたは第三者から合法的に取得した情報を除く。

2.前項に関わらず、乙は本サービスの提供を通じて得た入力内容の情報を集計・分析および他の顧客のために利用(改変を含む)でき、甲、利用者及び受験者の個人情報を除く情報を公開できる。

3.いかなる理由で利用契約が終了した場合でも、本条は利用契約終了後3年間存続する。


第11条 合意管轄

 本契約に関する一切の紛争の適用法は日本国内法とし、その管轄裁判所は、東京地方裁判所とする。


第12条 疑義の解釈

 本規約に定めのない事項または本規約条項の解釈について疑義が生じたときは、甲乙協議の上、誠意をもってその解決にあたる。

2016年7月29日発効
2021年3月27日改定


 ※ サイト内の記載事項は予告なく変更することがあります